blog

コーチングの実施期間は、短くても3ヶ月程度が一般的です。その間に3回~12回ほど、コーチングを実施します。

「3ヶ月は長過ぎる。自分は1ヶ月で目標を達成したい!」

と思った方、ある程度長い期間が必要なのは理由があるんです。それは、

「コーチングの5ステップを繰り返す必要があるから」

です!
(「コーチングの5ステップ」について、ご存知ない方、お忘れの方は、コーチングの進め方(大まかな流れ)を読んでくださいね)

数回のコーチングを経て、「ステップ5:行動設定」にて、あなたの具体的な行動が引き出されたとしても、その行動を実行しなくては意味がありません。ということで、コーチはあなたに、前回に約束した行動を実行できたか確認します。

あなたが予定通りに行動を実行できていた場合、「あなたの現在の状況」が、「あなたのなりたい姿」に一歩近づいたことになります。

ということで、「ステップ3:現状把握」や「ステップ4:目標設定」を改めて実施し、「ステップ5:行動設定」にて、次の具体的な行動をあなたに決めてもらうことになります。(1回の行動で目標が達成できてしまった場合、そもそも設定した目標が低すぎた可能性があるため、「ステップ4:目標設定」を再度行います)

このように、「ステップ3:現状把握」「ステップ4:目標設定」「ステップ5:行動設定」を繰り返す必要があるため、ある程度長い期間が必要となるわけです。(ということで、テーマや目標によっては、半年や1年かけてコーチングを行う方が適切な場合もあります)

ちなみに、もしあなたが前回に約束した行動を実行できていなかった場合でも、コーチはあなたに注意したりする代わりに、

「何が行動の妨げになったと思いますか?」
「その経験から何を学べましたか?」

といった質問をし、行動できなかった原因をあなたに考えてもらうことで、次回までには行動できるようにあなたを支援します。

また、1回当たりのコーチング時間については、30分~90分程度とコーチによって、様々です。コーチングを受けている最中は、常に考えることが求められるため、とても集中力が必要となります。ということで、集中力が切れてしまっては、コーチングの効果はありませんので、時間が長いほど良いとは、必ずしも言えないということになります。

以上、この記事では、「コーチングの実施期間と時間」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)