blog

「テーマ確認」は、コーチングの5ステップにおけるステップ2に当たります。
(「コーチングの5ステップ」について、ご存知ない方、お忘れの方は、コーチングの進め方(大まかな流れ)を読んでくださいね)

このステップの目的は、

「あなたの話したい内容について、あなたとコーチで認識合わせをする」

ことです。

コーチングでは、様々なテーマを扱います。テーマの例を挙げてみますね。

・経営課題解決
・組織開発
・後継者・幹部育成
・営業力強化
・部下のモチベーション向上
・家族関係改善
・子育ての悩み解決

などです。その他にも、達成したい目標や解決したい問題があれば、すべて、コーチングのテーマとして、扱うことができます。
(一部、コーチング以外の手法を受けた方が良いケースもあります。気になる方は、コーチングとカウンセリング、コンサルティングの違いを読んでくださいね)

また、この時点では、「私が話したいテーマは○○です」とテーマを簡潔に言葉で表現できない方もいらっしゃいます。頭の中が整理できておらず、漠然と悩みを抱えているといった状態です。

そのような方の場合は、順序立てる必要はないので、とりあえず、話したい内容や抱えている悩みなどを話していただき、コーチが話を整理していくことにより、テーマを決めていきます。

そして、テーマが決まった後は、そのテーマに関して、コーチングを受け終わった時点(長期的には3ヶ月程度、短期的には1回のコーチング)でどのような状態になっていたいかを、あなたに決めてもらうことで、「テーマ確認」は完了となります。

以上、この記事では、「コーチングの進め方(ステップ2:テーマ確認)」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)