blog

「信頼関係構築」は、コーチングの5ステップにおけるステップ1に当たります。
(「コーチングの5ステップ」について、ご存知ない方、お忘れの方は、コーチングの進め方(大まかな流れ)を読んでくださいね)

このステップの目的は、

「あなたが気持ちよく話せる状態になるための準備をする」

ことです。

コーチングでは、様々なテーマを扱うわけですが、どんなテーマにせよ、あなたの本音を話すわけですから、「どんな人なのかわかっていて、安心して話せる人」に話を聴いてもらいたいと思いますよね?

ということで、コーチは主に3つの手法を使って、あなたとの信頼関係を構築していきます。その3つの手法とは、

①自己開示する
②認める
③聴く

です!
それぞれ解説していきますね。

———————————————————————————-
①自己開示する
———————————————————————————-

この手法の目的は、

「あなたにコーチがどんな人なのかわかってもらう」

ことです。具体的には、雑談をしたり、あなたとコーチでお互いの仕事やプライベートのことを話しあったりして、お互いに対する理解を深めていきます。

これにより、

「このコーチは、こういう人なんだな~」

とあなたが理解することで、あなたは、安心感を得ることができるというわけです。

———————————————————————————-
②認める
———————————————————————————-

この手法の目的は、

「あなたに安心して話してもらう」

ことです。具体的には、あなたが話している最中に、適切なタイミングで、「うなづく」、「あなたの言葉を繰り返す」などをしていきます。(「あなたの言葉を繰り返す」というのは、例えば、あなたの「○○をする自信がないです」という言葉に対して、コーチが「自信がないのですね」と返したりするイメージです)

これにより、あなたは、「自分が受け入れられている」と感じるようになり、安心して話せるようになります。

———————————————————————————-
③聴く
———————————————————————————-

この手法の目的は、

「あなたにたくさん話してもらう」

ことです。具体的には、「あなたと話す速度や声のトーンを合わせる」、「相づちを打つ」などをしていきます。「他には?」といった言葉も、この手法の1つです。

また、あなたが沈黙している場合でも、あなたが考えている最中だと判断すれば、あなたがまた話し始めるまで、口を挟まずに、あえて待ったりします。

このように、あなたがたくさん話せるような環境をコーチは作っていきます。

以上、この記事では、「コーチングの進め方(ステップ1:信頼関係構築)」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)