blog

あなたは、「組織」という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか?
少し考えてみてください。





・会社
・役所
・学校
・ボランティア団体
・サークル

などいろいろありますよね。(他の団体を思い浮かべた方、それもきっと正解です!)

一般的には、組織とは、

「ある目標や意図を持って何らかの活動をしている人々の集まり」

と表現したりします。その前提で、組織の一致団結とは、

「個々の力が集まることで、1+1=3や4、または、それ以上の力を発揮できる状態」

であり、そのような状態に近づけていく活動を「組織開発」と呼びます。

組織開発の具体的な手法としては、形に見えるもの、明文化されたものとして、

・ビジョンの設定
・組織構造のデザイン
・就業規則の設定
・給与・昇格制度の設定

形に見えないものとして、

・リーダーシップの発揮
・社員のモチベーション管理
・コミュニケーションの改善
・組織文化・風土の形成

などがあります。

経営者のあなたは、これらの手法を用いて、人事部の方々、管理職の方々などと協力しながら、組織開発を進めていく必要があります。

別の記事では、それぞれの手法について、詳しく解説していきます。

以上、この記事には、「組織開発とは何か」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)