blog

 

担当している仕事が終わらないとき、
あなたはどうしていますか?

 

助けを求めることで、

 

「あいつは仕事をまっとうできない」

 

などと評価されるのを恐れて、
一人で終わらせようとして
結局期限に間に合わなかった

 

という経験はありませんか?

 

お気持ちはとてもわかりますが、
SI業界ではチームで仕事することが基本です。

 

あなたが、
仕事の期限に間に合わなかった場合、
チーム全体に影響が出てしまいます。

 

ということで、
仕事が終わらないとわかった時点で、
すぐに助けを求めることをお勧めします。

 

ただし、
助けを求めるにしても、

 

「仕事が終わりません」

 

だけでは、
ただ仕事を放棄したような印象を
与えてしまう恐れがあります。

 

そこで、

 

「残っている作業は◯◯で
◯時間かかる予定です」

 

と、

 

・残っている作業
・終わらせるのにかかる時間

 

を明確にして相談することが重要です。

 

これにより、
あなたの相談を受けた上司の方なども、

 

・作業の一部を他のメンバーに振る
・期限を過ぎてもいいから続けてもらう

 

といった判断ができるわけです。

 

このような助けの求め方をするためには、
前提として、日頃から、

 

・作業手順
・作業時間の見積もり

 

を明確にしておく必要がありますよ。

 

いかがでしたか?

 

仕事で助けを求めることは、

 

「チーム全体のことを考えて
仕事ができている」

 

という印象を与えるチャンスでもあります。

 

仕事が終わらないときには、
試してみてはいかがでしょうか?

 

ではまた!

 

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)