blog

 

ToDoリスト、
つまり、

 

「自分の仕事を管理するためのリスト」

 

は使っていますか。

 

自分の仕事をすべて、
覚えておくのは大変ですし、
忘れてしまう恐れもあるので、
私も使っています。

 

私の場合は、
優先順位も管理したいので、
ノートではなく、
パソコンで作っています。

 

ちなみに、

 

時間をかけて優先順位を綿密に考えることは、
1日経てばその優先順位は変わる
可能性がありますので、
あまり意味がないと思っています。

 

ということで、
毎朝5分ほどで、
優先順位の見直しをしています。

 

そんな私があえて、
ToDoリストに記載しない仕事
があります。

 

それは、

「急に頼まれて、すぐに終わる仕事」

です。

 

仕事をしていると急に頼まれる仕事って、
ありますよね。

 

それがどのような仕事であっても、
とりあえず、
ToDoリストに記載したりしていませんか?

 

考えてみてください。

 

ToDoリストに記載して、
優先順位を考え、
実際に仕事を行う際に内容を思い出し、、

 

とやっているだけで、
気力と時間を使うわけです。

 

仕事を頼まれてすぐに始めれば、

 

仕事の内容は覚えていますし、
ToDoリストに記載する必要もないので、
後から仕事をするより効率がいい

 

というわけです。

 

また、
すぐに終わらせることは
もう1つメリットがあります。

 

それは、

 

「仕事を頼んだ方からの印象がいい」

 

ということです。

 

仕事を頼んだ方としても、
依頼したばかりなので、
その仕事のイメージがまだ強く残っています。

 

その状態で、
すぐに仕事の完了報告をすると、

 

「仕事が早い!」

 

と思わせることができる
というわけです。

 

ちなみに、

 

急に仕事を頼まれたときに、
期限が迫っている仕事を
行っていた場合には、
もちろん、そちらを優先すべきです。

 

その場合は、

 

「期限が迫っている仕事が
◯◯時に終わるので、
それからすぐに対応する」

 

旨を、
仕事を頼んだ方に
その場で伝えておくと、
印象が変わりますよ。

 

いかがでしたか?

 

「すぐに終わる仕事」の基準は、
人によって異なると思いますが、

 

私の場合は、
他の仕事への影響が少ない
という理由から、

 

「1時間」

 

を目安にしています。

 

ご自分にあった基準を見つけて、
仕事の優先順位を決める際に
活かしてみてくださいね。

 

ではまた!

 

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)