blog

 

「ポジティブシンキング」

 

という言葉がありますよね。

 

簡単に言うと、

 

「物事を前向きに考えよう」

 

ということですね。

 

仕事においても、例えば、

何か問題が起こった場合に、

 

悲観的になって、

落ち込んでしまっては、

他の仕事に影響が出ますので、

「ポジティブシンキング」は必要です。

 

ただし、

「ポジティブシンキング」を実践する上では、

押さえておくべきポイントが、

2つあります。

 

1つめは、

 

「ポジティブシンキングにも分析は必要」

 

ということです。

 

もし、

仕事でミスをしてしまった場合に、

 

「やってしまったものは仕方がない。

気にしない、気にしない」

 

だけで終わってしまうと、

また同じミスをしてしまう可能性があります。

 

ということで、

そのミスが発生した原因を分析し、

同じミスが起こらないための対策を

考える必要があるというわけです。

 

ミスをしたことを謝る

ミスの原因を分析して、対策を考える

反省や後悔の気持ちを引きずらず、

次の仕事に取り掛かる

 

という姿勢が、仕事で

「ポジティブシンキング」を実践する上では、

必要だと思います。

 

ポイントの2つめは、、

 

次回にします!

 

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)