blog

 

あなたは会議で発言できていますか?

 

私が新入社員だった頃は、

全く発言できず、

 

「会議に出たら、必ず1回は発言すること」

 

と先輩から指導を受けたこともありました。

 

でも、最初は発言するのが怖いんですよね。

 

「的外れな質問をして、怒られたらどうしよう」

 

などの気持ちで、

頭の中がいっぱいになったりしていました。

 

そんな私が、あることに気づいてから、

積極的に発言できるようになりました。

 

今回は、

その「あること」について、

お伝えしたいと思います。

 

それは、

 

「自分が発言することが、

会社のためになる」

 

ということです。

 

経験が浅いときは特に、

 

「自分が考えたことなんて、

先輩たちは当然考慮していて、

あえて口に出していないだけだろう」

 

という気持ちが働くんですよね。

 

つまり、

自分のことを

過小評価してしまっているんですね。

 

ですが、

考える視点というのは、

人によって異なります。

 

あなたが考えたことも、

誰も考慮していない視点かもしれません。

 

多くの視点で検討することで、

議論は洗練されていきますので、

あなたの発言も、

会社のためになるというわけです。

 

「会社のため」

 

と考えることは、

発言しようという気持ちを、

後押ししてくれるのではないでしょうか。

 

もちろん、最初のうちは、

発言が的を得ていない

ということもたくさんあると思います。

 

ですが、発言をすることによって、

周りの方からコメントをもらうことができ、

自分の考え方を見直すことができるので、

的を得た発言ができるようになりますよ。

 

「お客様に失礼なことをしてしまうのが心配」

 

という場合は、まずは、

社内会議から

発言するようにしてみてくださいね。

 

ではまた!

 

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)