blog

 

タッチタイピングは、

身につけていますか?

 

SI業界では、

パソコンを使う仕事が多いですから、

 

その土台となる

タッチタイピングは、

必須のスキルだと言えますよね。

 

ということで、今回は、

タッチタイピングを身につける上で、

私がお勧めしている方法を

お伝えします。

 

それは、

 

「タオルを使って、キーボードを隠してしまう」

 

ことです。

 

単純ですね!

 

タッチタイピングが上達しない方を

観察していると、

無意識にキーボードを

見てしまっているんですよ。

 

タオルでキーボードで隠してしまえば、

見ることができませんので、

タッチタイピングせざるをえない

状況になります。

 

また、見えないということは、

体の感覚に頼る必要があるので、

 

左手の人差し指は「F」キー

右手の人差し指は「J」キー

 

というホームポジションも

身につけられます。

 

(2つのキーに突起がついている

パソコンが多いですよね)

 

ちなみに、

タッチタイピングの練習ができる

タイピングソフトというものが

ありますが、

 

良い成績を出すために、

打つスピードを速くして、

打ち間違いが多くなるのは、

逆効果だと思っています。

 

仕事では、

タイピングソフトにはない

打ち間違いを消す作業が発生するので、

無駄な時間がかかるからです。

 

正確さを重視して練習すれば、

必要最低限の動きで、

タイピングできるようになるので、

自然と速さも身につきますよ。

 

今回ご紹介した方法について、

 

タッチタイピングができない方は、

もちろんのこと、

 

自信があるという方も

試してみてはいかがでしょうか?

 

新たな気づきがあるかもしれません。

 

ではまた!

 

追伸:

学生時代は、

「寿司打」

というタイピングソフトが好きでした。

 

数字や記号の練習は、

「MIKATYPE」

というソフトを使っていました。

 

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)