blog

 

SEO、ERP、UAT、、

 

IT用語は、

聞いただけでは意味がわからないものが

多いですよね。

 

ということで、

システムを導入するお客様への伝え方を

工夫する必要があります。

 

コミュニケーションスキルの本などを読むと、

 

「わかりやすい言葉で表現しましょう」

 

というアドバイスがあります。

 

これは、

 

「専門用語などの難しい言葉を使わずに、

わかりやすい言葉で表現した方が

相手に伝わる」

 

という意図のアドバイスです。

 

このアドバイスは、確かに正しいと思いますが、

私は、お客様の興味を引くためには、

わかりやすい言葉では不十分だと考えています。

 

お客様の興味を引ける言葉とは、

 

「お客様にとって具体的な言葉」

 

です。

 

SEOという言葉を例に出しますと、

 

この言葉は、わかりやすく表現すると、

 

「Webサイトを

インターネットの検索結果で

上位に表示させるための

工夫をすること」

 

ですが、

 

例えば、

 

経営者の方にとって、

具体的な言葉で説明するとしたら、

 

「御社の商品を

Googleの検索結果で1位に

表示させるための

工夫をすること」

 

と表現できます。

 

いかがですか?

 

説明を受けている経営者の方にとって、

より具体的な言葉に

なっているのではないでしょうか。

 

お客様にとって、

具体的な言葉を使うメリットは、

 

「お客様を傍観者から当事者に変えられる」

 

ことです。

 

お客様にとって具体的ですから、

お客様は自分の行動に結びつけて

考えられるわけです。

 

よって、

わかりやすい言葉よりも、

お客様の興味を引くことができます。

 

では、どうすれば、

お客様にとって具体的な言葉を

使えるようになるかというと、、

 

次回に続きます!

 

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)