blog

あなたが経営している会社では、残業することが当たり前になっていませんか?

その場合には、経営者のあなた、働いている方々に、

「残業が発生するのは仕方ない」

という考えが根付いているかもしれませんが、残業が当たり前になることにはデメリットがあります。

ということで、この記事では、残業が当たり前になることで生じるデメリットについて、お伝えします。

そのデメリットとは、

デメリット1:人件費、経費がかさむ
デメリット2:仕事の効率が悪くなる

です!
それぞれ解説していきますね。

———————————————————————————-
デメリット1:人件費、経費がかさむ
———————————————————————————-

残業が発生すると、通常よりも割増した人件費を支払う必要があります。

また、休日作業、深夜作業が発生した場合には、それぞれ、休日手当、深夜手当を支払う必要があり、こちらについても、割増の人件費を支払う必要があります。

さらに、深夜作業の場合は、電車通勤の方に対して、タクシー代などを、経費として支払う必要があります。

ということで、社会保険料なども考慮する必要がありますが、残業、休日作業、深夜作業が当たり前になっている状態であれば、人を増やして、定時に終わるようにした方が良いのです。

この話を聞いて、

「自分が経営している会社は、みなし残業制、裁量労働制だから、残業代を気にする必要はない」

と思った方は注意が必要です。

みなし残業制は、就業規則に「みなし残業とは、具体的には○○時間」と明記しなくてはいけませんし、その時間を超えた分については、残業代を支払う必要があります。

また、裁量労働制は、出退勤の時間などを自由に決められ、十分な報酬が与えられている、などの前提が必要です。指示されて、やらなくてはいけない仕事がたくさんあるなどにより、この前提が満たされていない場合には、例え、管理職の方であっても、残業代を支払う必要があります。

また、休日手当、深夜手当については、上記どちらの場合でも発生します。

このように妥当な残業代や手当を支払っていないという状態は、働いている方々から訴えられて、後ほど多額の人件費支払いを命じられたり、会社の評判が落ちるといった危険性があります。

このような危険性は、安定した経営を揺るがすことになりますので、改善する必要があります。
(法律について、詳しく知りたい方は、専門家の方に確認してくださいね)

ちなみに、人件費、経費に焦点を当てて、お伝えしましたが、働いている方々を「人件費」としかとらえていないような経営は、私はお薦めしません。

———————————————————————————-
デメリット2:仕事の効率が悪くなる
———————————————————————————-

残業が当たり前になるということは、「定時まで」という明確な仕事の期限がなくなるということでもあります。

「定時までに終わらなくても、残業すれば良い」
「周りが残業しているから、自分がいくらがんばっても早く帰れない」

といった考えが働いている方々に根付いてしまうと、定時までに仕事を終わらせるという姿勢がなくなり、結果的に仕事の効率が悪くなってしまいます。(残念ながら、残業代を稼ぐために、わざと効率的に仕事を行わない方もいらっしゃいます)

ということで、仕事の効率を高めるためにも、残業はなくした方が良いのです。

残業をなくしていくために、まず行うべきなのは、

「残業が当たり前という意識をなくす」

ことです。これは、経営者のあなたを含めて、働いているすべての方々に当てはまります。

これにより、

・仕事量が多すぎる
・仕事の進め方に無駄がある
・働いている方々のモチベーションが下がっている

など、残業が当たり前になっている原因を分析することができ、それぞれの原因への対処法を実行していくことで、残業をなくしていくことができます。

「繁忙期以外は残業がない」

という状態になれば、理想的だと言えます。

いかがでしたか?

残業をなくしていくことは、難しい取り組みですが、人件費、経費を減らし、仕事の効率を高めることで、経営を安定させることに繋がりますので、ぜひ少しずつでも実行してくださいね!

以上、この記事では、「残業が当たり前になることで生じるデメリット」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)