blog

あなたが日々行っていることは、

「やりたいこと」ですか?
「やるべきこと」ですか?
「やらなくてはいけないこと」ですか?

「やらなくてはいけないこと」ばかり行っているという方や、そもそも3つの区別を意識していないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、あなたの人生をより充実させるためには、3つの区別を明確にした上で、その優先順位をつけて行っていくことが重要です。

ということで、この記事では、あなたの人生をより充実させる、という観点での、「やりたいこと」、「やるべきこと」、「やらなくてはいけないこと」の優先順位について、お伝えします。

その優先順位とは、優先度の高い順に、

①やりたいこと
②やるべきこと
③やらなくてはいけないこと

です!
それぞれ解説していきますね。

———————————————————————————-
①やりたいこと
———————————————————————————-

「やりたいこと」とは、

「現状にとらわれずに、あなたがやりたいと感じること」

です。

現状にとらわれていないため、新しいアイデアが生まれやすいです。

また、「やりたい」というあなたの感情と紐付いているため、自発的な行動が促され、達成したときの満足度が高いと言えます。

ということで、あなたの人生をより充実させる、という観点では、優先度は一番高くなります。

———————————————————————————-
②やるべきこと
———————————————————————————-

「やるべきこと」とは、

「やるのは必須ではないが、長期的な視点で見た場合に、やった方が良いこと」

です。

例えば、

・経営ビジョン策定
・中長期計画策定
・海外進出を視野に入れた上での英語力向上
・健康のための運動

などが該当します。

「やるべきこと」は、あなたの人生をより充実させる、という観点では、「やらなくてはいけないこと」よりも、優先度は高いですが、あなたの感情と紐付いていないため、「やりたいこと」よりも、優先度は低くなります。

———————————————————————————-
③やらなくてはいけないこと
———————————————————————————-

「やらなくてはいけないこと」とは、

「やるのが必須のこと」

です。

・お客様や他社から依頼された仕事
・短期的な経営課題の解決
・役所への手続き
・家事

などが該当します。

また、前述の「やるべきこと」が、状況によっては、「やらなくてはいけないこと」に変わることもあります。

例えば、先ほどの、

・海外進出を視野に入れた上での英語力向上

について、「1ヶ月後に海外の方と仕事を始める」という状況になれば、それは、「やらなくてはいけないこと」と言えます。

「やらなくてはいけないこと」は、避けては通れないですが、あなたの人生をより充実させる、という観点では、優先度は低くなります。

以上が、「やりたいこと」、「やるべきこと」、「やらなくてはいけないこと」の違いと優先順位です。

この話をすると、

「やりたいこと、やるべきこと、やらなくてはいけないことの違いと優先順位はわかったけど、やらなくてはいけないことが多すぎて、やりたいこと、やるべきことをする時間がない」

と感じる方もいらっしゃると思います。

そんなときは、「やらなくてはいけないこと」をさらに、

「緊急度の高いこと」
「緊急度の低いこと」

に分けてみてください。

その上で、「やらなくてはいけない、かつ緊急度の高いこと」を終わらせた上で、空いた時間に、「やりたいこと」、「やるべきこと」をすれば良いのです。(実は、「やらなくてはいけないけど、緊急度の低いこと」まで先にやっていた、というのはよくある話です)

また、時には、他の方の力を借りることで、「やらなくてはいけないこと」を「あなたがやらなくてはいけないこと」ではなくしてしまうというのも有効な手段です。

最後に、ここまでお伝えしてきたのは、あくまでも、あなたの人生をより充実させる、という観点での優先順位です。あなたが経営している会社をより良くするという観点では、「やりたいこと」よりも、「やるべきこと」を優先させた方が良いこともあると思いますので、状況によって、優先順位を変える必要があります。

いかがでしたか?

この記事でお伝えした内容を参考に、少しでも、「やりたいこと」、「やるべきこと」を行う時間を作って、あなたの人生をより充実したものにしてくださいね!

以上、この記事では、「やりたい、やるべき、やらなくてはいけないの優先順位」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)