blog

めまぐるしく変化していく社会状況の中、会社を安定して経営し続けるためには、時には、新規事業の展開など新しいことを行う必要があります。新しいことを行うためには、新しい知識が必要です。

また、新しい法律の施行の際にも、経営にどのような影響があるか判断するために、その法律について知る必要があります。

このように、経営者のあなたは、常に新しい知識を身につけていく必要があるかと思います。

ということで、この記事では、新しい知識を確実に身につける方法について、お伝えします。

その方法とは、

ステップ1:知識を身につける目的を明確にする
ステップ2:情報収集する
ステップ3:わかること、わからないことを整理する

です!
それぞれ解説していきますね。

———————————————————————————-
ステップ1:知識を身につける目的を明確にする
———————————————————————————-

新しい知識を身につけるということは、

・新規事業の展開で活かすため
・経営に対する影響を判断するため

など、あなたにとっての目的があるはずです。
(知識欲が旺盛で、「知識を身につけること自体が目的」という方もいらっしゃるかもしれませんね)

まずは、その目的を明確にします。

———————————————————————————-
ステップ2:情報収集する
———————————————————————————-

情報収集の方法としては、

・セミナーに参加する
・読書する
・専門家に聞く
・インターネットで検索する

などがあります。

個人的には、

・セミナーに参加する
・読書する

は、網羅的な情報収集に向いており、

・専門家に聞く
・インターネットで検索する

は、特定の事項に焦点を当てた情報収集に向いていると思っていますが、あなたの好みで選べば大丈夫です。

ただし、どの方法を選んだとしても、ステップ1で明確にした目的を念頭に置いておく必要があります。これにより、目的に沿った効率的な情報収集をすることが可能になります。

———————————————————————————-
ステップ3:わかること、わからないことを整理する
———————————————————————————-

知識を身につける上で、

「わからないことが何かわからない」

という状態は避けるべきです。というのも、この状態だと、何を情報収集すれば良いか、はっきりしないため、効率的な情報収集ができないからです。

そこで、ステップ2で情報収集した内容と、ステップ1で明確にした目的を照らし合わせることにより、あなたにとって、「わかること、わからないこと」を整理していきます。わからないことは、

・まだ、情報収集できていないこと
・一部がわかることによって、新たに出てきた疑問点

に着目すると、整理しやすくなります。

実際には、ステップ1で明確にした目的を念頭に置いた上で、ステップ2とステップ3を繰り返していきます。情報収集した結果、わからないことに専念して、さらに情報収集していく、ということを繰り返していくことにより、あなたの目的に沿った知識を確実に身につけられるというわけです。

いかがでしたか?

新しい知識を身につける際には、必ず役に立つ方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

以上、この記事では、「新しい知識を確実に身につける方法」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)