blog

あなたの周りに、一方的に話す方はいらっしゃいませんか?

ひたすら自分のことを話し続け、他の方が話し始めても、

「そうそう、私もね…」

などと言って自分の話に戻してしまうような方です。

このような方とは、会話のやりとりが続きにくいため、信頼を得ることは難しいと思われがちですが、信頼を得る方法はあります。

ということで、この記事では、一方的に話す方からの信頼を得る方法について、お伝えします。

その方法とは、

「認めること、聴くことに専念する」

というものです!
解説していきますね。

「認める」ことの目的は、「相手に安心して話してもらう」ことです。

具体的には、相手が話している最中に、適切なタイミングで、「うなづく」、「相手の言葉を繰り返す」などをしていきます。

これにより、相手は、「自分が受け入れられている」と感じるようになり、安心して話せるようになります。

また、「聴く」ことの目的は、「相手にたくさん話してもらう」ことです。

具体的には、「相手と話す速度や声のトーンを合わせる」、「相づちを打つ」などをしていきます。

つまり、安心してたくさん話してもらうことにより、相手に、

「この人は話しやすいな〜」

と思ってもらい、信頼を得ることができるというわけです。

この方法では、「あなた自身が話せていない」と感じるかもしれませんが、一方的に話す方は、自分への意見などを求めていない傾向にあるので、気にする必要はないと思っています。

いかがでしたか?

最後に、この方法は、一方的に話す方からの信頼を得ることはできますが、同時に、一方的に話すことを助長することにもなりますので、そのような状況にあなたがストレスを感じてしまう場合には、注意が必要です。

また、部下として、このような方がいる場合には、会社としてのチームワークを乱すこともありえますので、上司として、指摘した方が良い場合もあります。

状況によって、うまく使い分けてくださいね!

以上、この記事では、「一方的に話す人からの信頼を得る方法」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)