blog

コーチングを受けたいと思っても、

「どのコーチを選べば良いのかわからない」

という声をよく耳にします。

「では、私を選んでください!」

と言いたいところなのですが、残念ながら、「誰にとっても絶対的に良いコーチ」は存在しません。ということで、「自分に合ったコーチ」を選んでいただくために、私なりの判断基準をお伝えします。その判断基準とは、

・コーチとの相性は良いか
・気づきを得られるか
・コーチングの頻度は適切か
・1回当たりの実施時間は適切か
・メールサポートはあるか
・コーチング料金は妥当か
・コーチングの資格は持っているか

です!
それぞれ解説していきますね。

———————————————————————————-
コーチとの相性は良いか
———————————————————————————-

コーチングは、人と人が関わることになるので、やはり、「あなたとコーチの相性」が重要になります。ということで、

「あなたが気持ちよく話せるか」

を意識すると良いと思います。

———————————————————————————-
気づきを得られるか
———————————————————————————-

「あなたが気持ちよく話せた」としても、それだけでは、あなたの頭の中が整理されただけで終わってしまいます。実際には、コーチからの質問によって、いかに、「あなたが気づけを得られるか」がコーチングを受ける醍醐味と言えます。

ということで、

「今まで考えたこともなかったことを初めて考える」

ような質問をしてもらえるかも考慮すると良いと思います。

———————————————————————————-
コーチングの頻度は適切か
———————————————————————————-

コーチングの実施期間と時間でお伝えしたように、毎回のコーチングでは、次回までに実行する行動をあなたとコーチで約束します。つまり、日々の仕事などをこなしていく合間に約束した行動を実行することになるため、コーチングの間隔はある程度空ける必要があります。

ということで、コーチングの頻度は多いほど良いというわけではないので、

「コーチングの間隔があなたの行動ペースと合っているか」

も考えると良いと思います。(ただし、あなたの行動ペースを上げるのが、コーチングの効果の1つでもあります)

———————————————————————————-
1回当たりの実施時間は適切か
———————————————————————————-

コーチングを受けている最中は、常に考えることが求められるため、とても集中力が必要となります。集中力が切れてしまっては、コーチングの効果はありませんので、時間が長いほど良いとは、必ずしも言えないということになります。

ということで、

「あなたが集中力を保てる時間」

を選ぶと良いと思います。

———————————————————————————-
メールサポートはあるか
———————————————————————————-

コーチによっては、コーチング時間外のメールでの問い合わせは、断っている場合や回数制限を設けている場合があります。

「気になったことは、すぐコーチに確認したい」

という方は、コーチング時間外のメールでの問い合わせに答えてくれるか、確認すると良いと思います。

———————————————————————————-
コーチング料金は妥当か
———————————————————————————-

コーチングについては、「安かろう、悪かろう」というわけではありませんが、あまりにも安すぎると、あなたが「効果が出なくてもいい」と考えてしまう可能性があります。ということで、

「あなたが絶対に元を取らなくてはいけないと考え、真剣に取り組める金額」

を選ぶと良いと思います。負担になるような料金を実際に払う時点で、あなたは成長への第一歩を踏み出したことになります。

ちなみに、人材育成の一貫として、あなたが経営している会社がコーチング料金を負担する場合もあると思いますが、

「会社が負担するから、いくらでも良い(または安い方が良い)」

ではなく、

「コーチング料金に見合うだけの効果を得よう」

と考えることによって、あなたのコーチングへの取り組み方に真剣さが増します。

また、コーチによっては、契約更新の際に、料金の引き上げを行う場合もありますので、事前に確認しておくと良いと思います。

———————————————————————————-
コーチングの資格は持っているか
———————————————————————————-

コーチングには国家資格はなく、すべて民間資格となります。ということで、必ずしも資格を持っている必要はないのですが、有名なコーチングスクールの認定資格を持っていれば、コーチングに関する網羅的な知識・スキルは、兼ね備えていると言えます。

ただし、資格を持っていなくても、すばらしいコーチはたくさんいらっしゃいますので、あくまでも参考程度に考えれば良いと思います。

ここまで、判断基準を解説してきましたが、実際に試してみないとわからないこともたくさんあります。ということで、

「無料体験がある場合には、とりあえず参加する」

ことをお勧めしています。

個人的には、無料体験は、「そのコーチがあなたに合っているか」を判断すると同時に、

「自分に合ったコーチとはどのような人か」

という、コーチに対するあなたの判断基準を明確にするのに利用すれば良いと思っています。
(就職活動で合同会社説明会などに参加して、自分に合った業界や職種を決めていくのと同じです)

もちろん、あなたの直感で、「この人のコーチングを受けたい」と感じたなら、判断基準があいまいでも、決めてしまって大丈夫です!

以上、この記事では、「自分に合ったコーチの選び方」について、お伝えしました。

IT人材育成コーチ
望月 祐臣(もちづき まさおみ)